地球深部揮発性元素循環研究に関する日独共同大学院プログラム ロゴ画像

Tips

便利な情報を集めました。ご参考ください。
※情報をお持ちの方は、お知らせいただけると幸いです。

2016/11/20 BGI Tips

<交通事情>

  • 列車に乗るとき、刻印機で利用日を打ち込んでいない場合、切符検査で車掌に見つかると面倒なことになります。
  • 夜に現地入りするのは、できるだけ避けた方がよいでしょう。平日の日中に到着するような旅程にするのが望ましいです。
  • 週末の夜に現地着だと最も困難な状況に陥るため、誰かに駅まで迎えに来てもらうのがベストです。

<ニュルンベルク空港→バイロイト中央駅への行き方>

  • DB(Deutsche Bahn)のHPで以下の単語を入力すれば、時間やホームの情報が出てくるので、予め調べていくと安心です。
    1. Nürnberg Flughafen (ニュルンベルク空港駅)
    2. Bayreuth Hbf (バイロイト中央駅)
  • 空港からニュルンベルク中央駅までは地下鉄U2を利用します(日本ではチケットを買えないため,現地の券売機で購入します)。
    1. ニュルンベルク空港駅 Flughafen(空港)
    2. ニュルンベルク中央駅 Haupt(中央)bahnhof(駅)
    3. ニュルンベルク中央駅でDBに乗り換えます。

<バイロイト中央駅→バイロイト大学への行き方>

<大学までのバス路線、大学内のバス停>

http://num.math.uni-bayreuth.de/en/conferences/general/bus_infos/index.php?type=static

<ニュルンベルク空港駅からバイロイト中央駅までのチケットの買い方からバイロイトでの生活まで(川添さんのHP)>

http://www.staff.uni-bayreuth.de/~bt301708/html/Supervision5-2.html

<BGI事情>

  • 金曜の午後からBGIの中はもぬけの殻になります(契約労働時間が週あたり4日半なので)。
  • 郊外にサイクリングに誘われることがあります。
  • BGIの人たちとレストランに行く場合、割り勘が基本です。
  • 滞在期間中に誕生日を迎える場合、ケーキなどを自分で買って持っていきましょう(たぶん勝手が分からないと思うので、予め誰かに聞いた方が無難です)。
  • BGIの人たちと仲良くなりたい場合、お茶の時間にはホワイエに行って会話に混ざり、夕方にはホワイエに行って(ビールを飲みながら)会話しましょう。そのまま夕食に誘われたら、連れて行ってもらいましょう。
  • BGIの人たち、特にドイツ人技術者などのスタッフは朝早くから出勤します。皆さんも(朝は辛いでしょうが)早めに行きましょう。

<フンボルトゲストハウス事情>

  • フンボルトの方は英語の通じる夫婦がお世話してくれます。生活面についてわからないことがあったら何でも教えてくれます
  • 部屋はキッチン・トイレ・バス付です。タオルや食器、紙もあります。
  • 週一でお掃除してくれます。タオルは新しくなり、紙も補填されます。
  • 部屋の中にゲストハウスの簡単な生活法がまとめてあるファイルがおいてあるので、ごみの出し方・周辺地図・最寄りのバスの時刻表など参考にしてください。少しでもわからなかったらおばちゃんに聞いた方がいいでしょう。
  • 二つ隣に小さめスーパーがあります(朝7時から夜7時まで。)夜や日曜は閉まっているので平日朝か土曜に買い物することをおすすめします。
  • 小さめスーパーの裏にガストホフがあります。最悪ここにいけば食べ物があるので安心です。
  • 10分くらい行くともっと大きなスーパー(レーベ)と薬局と郵便局があります。スーパーは夜8時までで同様に日曜休みです。
  • メンザも日曜は休みです。ちらほら町中に行けばレストランが開いています。
  • ゲストハウスの支払いは基本現金か振込で、クレジットは使えないので注意してください。

<赤十字ゲストハウス>

※情報をお待ちしております。

<街事情>

  • 買い物など、移動には自転車があるととても便利です(上記と合わせて考えると,東北大共有自転車があるとよい)。
  • チップ支払いの都合を考えると、レストランでの支払いは現金のほうが便利です。かつ1ユーロ硬貨、2ユーロ硬貨を常に持っていると便利です(無駄に余計に払わずに済む)。
  • どうしても肉料理に偏るので、サラダ(「ザラートテラー」色々盛ってあるのでこれだけで程よく腹がふくれます)を適宜食べると良いでしょう。
  • 多少の体調不良は、薬局に行ってお姉さんに相談すればどうにかなります。
  • 駅で困ったことがあったら、駅員さんを捕まえましょう。窓口の人は英語がペラペラで親切です。Ausgangが出口です。
  • 若い人は英語ペラペラのことが多いようです。大きめの駅ではお兄さんに絡まれることがあるので、注意してください。おじさんおばさんはドイツ語しかしゃべれないことが多いですが、親切です。
  • クレジットは時々使えない場合があるので、注意が必要です。ゲストハウスの近くの小さめスーパーでは使えません。町中は基本OKです。
  • VISAで試ましたが、郵便局や銀行のATMでお金が引き出せます。
  • バイロイトは平和っぽいので、よほどのことがないかぎり現金は奪われなそうです。もちろん日本よりは注意が必要と思いますが。
  • 土曜の午後から徐々に店は閉まり始め、日曜には開きません。週末の食料などは、土曜の午前中までに調達を済ませるとよいでしょう。
  • レジ袋は有料なので、買い物袋を用意するのが良いでしょう。
  • お店の中で自分の買い物袋に商品を入れ(見た目は万引き)、レジのところで袋から出して会計する人をよく見かけますが、皆さんは真似をしない方がよいと思います。
  • ゲストハウスには調理器具などが揃っています。飲食店の食事は課税対象なので、自炊が経済的です。
  • 自炊せずに比較的安く済ませるなら、立ち食い屋(インビス)が良いでしょう。中国系やトルコ系のがあります。
  • クレジットカードの裏面にあるPlusとかCirrusのマークがATMにあれば、そのカードで現金が引き出せます。
  • 現金を全く持たずに現地入りするのは勧めません。少しでも良いので用意しましょう。
  • クレジットカードで買い物をしたければ、店の入口などでカードのマークを確認しましょう。
  • オートロックのドアが多いので、気を付けましょう。
  • ドアのキーは2回回し(二重ロック)のところがあります。キーを1回回して開かなかったら、もう一回追加で回しましょう。

※どんなことでも本当に困ったら、遠慮なくBGIの日本人を頼ってください。

<旅行中のトラブルについて>

航空券に関わることについては下記へ連絡してください。時差があるかもしれませんが、現地JTBへ連絡するより対応がスムーズです。
*******************************************
株式会社JTB東北 法人営業仙台支店
営業二課 鎌田 貢冶
〒980-0804
仙台市青葉区大町1-4-1
明治安田生命仙台ビル4階
TEL:022(263)6712
FAX:022(263)6693
E-MAIL:k_kamata344@th.jtb.jp
***************************************************************

<その他>

  • 在ミュンヘン日本国総領事館
    Munchen Japanisches Generalkonsulat
    Karl-Scharnagl-Ring 7 80539 Muenchen, Bundesrepublik Deutschland
    電話:(49-89)4176040
    Fax:(49-89)47-05-710
    http://www.muenchen.de.emb-japan.go.jp/jp/index.htm